占いやりつく師が教える 当たる占い&占い師

35年占いをやりつくした私 現代のヒミ子が、徹底的に比較して分かった本当に当たる占いを教えてあげる

占いやりつく 現代のヒミ子が教える

当たる占い 当たる占い師
研究レポート

なぜ占いをするのか?

ヒトラーの独裁は占い?

みなさん、ヒトラーって知ってるわよね?ナチス・ドイツの総統で、欲しいものは何でも手に入れて、権力も手に入れて、人を自由に操り、そして自分に反逆する者は殺す。時代が生んだリーダーとは言え、その横暴ぶりはあまりにひどいものとして世界史上に刻まれているわ。

そんな強者ヒトラーだけど、実は占いを信じ、そして占いによって戦略を立てていたそうよ。なぜヒトラーに占いが必要だったのかしら?本当は弱いから?目に見えないものに怯えていたから?自分の崩壊が予感できたから?

ヒトラーが占いを重視した理由については、今となっては分からないこと。でも間違いなく事実として残っているのは、ヒトラーが占いを信じ、占いで行動を選択していたこと。人物の良し悪しは別として、あれだけ偉大な存在だったヒトラーが占いを選択したのだから、そこに何か大きな意味があると言わざるを得ないわね。

日本の武将も占いで行動

ここ日本でも、実は昔から占いが盛んよ。特に戦国武将は戦術を考えるための重要なツールとして、大いに占いを活用していたわ。

日本では、古くは空海占星術が主流だったわ。社会の大事件などを予言できると言われた占術で、時の為政者はこぞってこの占いを活用したの。

例を挙げれば徳川家康。彼は自分と大名との相性を占った上で大名の領地を検討するなど、空海占星術を頻繁に活用していたのよ。そのおかげで江戸幕府は250年もの安定政権を保持できた、って言ったら私の考えすぎかしら?

この現代でも、大企業の経営者や大物政治家の中には、占いの力を利用して重要な判断をしている例が多いと聞くわ。大人物になればなるほど、占いを真剣に活用しているみたいね。

未来を導き出す灯明

幸せ満々の人が占いに頼ることは、あまりないわ。占いに頼りたくなるときって、何かしらの強い悩みを持っているものよ。

大きな失敗をして、自分に明るい未来が見えなくなったとき。大恋愛の末に最悪な失恋を経験したとき。どんな理由であれ、人は大きな悩みを抱えたときに、その重さに耐えきれずに占い師を訪ねるものなの。

でもね、よく考えてみて。「自分にはもう未来はない」「もう一生恋愛はしない」なんてどんなに思い悩んでも、生きている限り、アナタには必ず未来がやってくるの。生きている限り、アナタは必ずまた恋愛をする。そして生きている限り、アナタはまた失敗する。

そうやって、幸せと苦しみの中を三歩あゆみ、そして二歩さがり、少しずつ前進していくのが人生。苦しみがあるからこそ、喜びがまた大きくなるものなの。

占いは、そんなアナタの未来への道程を照らしてくれる小さな灯明。明かりがなければ進むべき道が見えないわよね。占いという灯明は、小さいけれど、あなたの人生を素晴らしい未来へと導く大きな太陽なのよ。

このページの最終更新日:2017年11月16日

【特集】 ホンモノの占い師は、生き方を変える…
人生を変えたいと思ったときに行く、本格派占い師3名

この記事をシェアして占いやりつく師を増やす

体験コンテンツ
 

pagetop