東京の当たる占い師研究家【いちこの部屋】

35年占いをやりつくした私 いちこが、徹底的に比較して分かった本当に当たる占いを教えます

東京当たる占い師研究家いちこが教える

当たる占い 当たる占い師
研究レポート

東京の当たる占い師研究家【いちこの部屋】 » いちこの占い体験談 » フォーチュン男子にキュンキュン<体験編>

フォーチュン男子にキュンキュン<体験編>

いちこ イメージ

3度の飯よりイケメンが好き!じゃなくて、占い好き!のいちこよ。

前回は、「フォーチュン占い男子」の予約まで紹介したけど、今回は体験談をお届けするわ。

イケメン占い師と占い業界、両方が盛り上がってくれれば世の中楽しくなるんじゃないかしら?

ドキドキの鑑定当日

当日、やはり仕事がバタついてしまって5分少々遅れてZoomに参加。

ミカタ先生「こんばんは。今日はよろしくお願いします」

いちこ「よろしくお願いします」

ミカタ先生。フォーチュン男子でのお写真とは若干イメージ違うけど、お優しそうで清潔感のある素敵男子が登場。

フォーチュン男子のHP写真では坂口健太郎君のような男性をイメージしてたんだけど、実際にはSEKAI NO OWARIのFukase君のような雰囲気よ。どちらにしても「あま~~い」感じ。

まず最初は、私の生年月日、生まれた場所、時間から四柱推命の鑑定結果を聞く事からスタート。

今まで色々な四柱推命の鑑定は受けて来たけど、ミカタ先生の四柱推命は、すごく具体的な「例えば、、、」という話をしてくださるので、本当にわかりやすい!

鑑定結果だけを伝えられると、それを自分の日常のシーンとか、生活する中で具体的にイメージできない事って結構あったりしない?自分にうまく当てはめられてないまま、鑑定結果をバシバシ伝えられて、結果「何も頭に入ってないわ~」なんて経験ないかしら?

ミカタ先生は、そういう「ちょっとしっくり落ちてないな」という空気を感じとったら、そこを見落とさずにしっかり説明を補足してくれる感じ?

素晴らしい、洞察力とコミュニケーション能力をお持ちの方だとお見受けしたわ。

そして、何より声のトーンが落ち着いてて心地いい。

本当、声、、、素敵、、、

これ、大事よ!!

話すテンポも早すぎず、遅すぎず。Zoom鑑定だけど、本当に目の前で話してると思えるくらい、違和感ないわ。私がZoomに慣れたのかしら?と一瞬思ったんだけど、そうじゃないわ。

仕事でZoom会議してても、やりにくい人いっぱいいるわよ。

まるで、自分の部屋にミカタ先生をお招きしてお話してるんじゃないかってくらい、画面越しの距離感を感じない。

それくらいリラックスして鑑定にスーーーっと入っていけたわ。

恋愛、仕事、私の来年って、、、??

事前に相談したいトピックスを送っておいたので、基本的にはそれに沿って、鑑定結果を伝えてくださるわ。

出会い、健康、仕事、人間関係、、、

その中でも、ミカタ先生がちょっと顔をしかめたのは私の来年の運勢。

ミカタ先生「正直こんな事を申し上げるのはあれなんですけど、来年の運勢はすこーし下がってます。なので人間関係にストレスを感じることが出てくるかなぁと。」

いちこ「そうなんですか⤵︎」

ミカタ先生「あまりにそのストレスが嫌だわぁと感じる様であれば、来年はそういう事から距離をおくようにしたほうがいいです。ただ、2023年は凄く運勢がいいです。2022年が下がっていて、2023年は上がる。これをベースにして考えていくなら、来年は体調をしっかり管理して整えていただきたいんですね。なので、新しいことなど始めるにしても、来年はそれが自分にとってストレスになる事なのか?と言う事を少し重要視してあげて選んでいただけるといいですかね。ちょっと大変な事であっても、それが自分のストレスの解消や楽しみになる事ならやっていただいてもいいと思います。2023年は公私ともにいい運勢が入ってますので、体調の方も万全。人間関係も良好。なので、もしも新しい事を始める、何かにチャレンジするなら2023年のほうが良いですね。」

いちこ「2022年、全体的に運勢が下がるって事は、仕事とかも結構大変になる感じですか?」

ミカタ先生「来年はちょっと忙しくなりやすいと言うか、プレッシャーになりやすい、あとはちょっとミスに注意ってところがあるので、来年は仕事に関しても少し下がっていくと言うところですが、それは必ずしも全部が悪いと言うわけではなくて、そのプレッシャーだったり、ミスが学びとして反映されて、2023年の大吉運のところに生かされると。なので単純に下がってはいるんですが、何も得られないと言うわけではないです。来年は忙しさ、体調不良、人間関係に注意、どちらかと言うと守りの姿勢でいたほうがいいですね。」

いちこ「なるほど。では、何かをするにしても無理せずって事ですね。」

ミカタ先生「そうですね。それが一番大事なキーワードです。焦らず無理せず。忙しくなりそうな気配ってありそうなんですか?」

いちこ「特にそう言う予定があるわけではないのですが、なんと言うか、、、性格的に忙しい方が好きみたいなんですよね。暇だと、どうしようかな?ってなったり、それこそコロナでずっと巣篭もりしてた時、果たして社会復帰できるのかな?とか心配になっちゃうタイプなんですよね。」

ミカタ先生「まぁ、いつもの80パーセントくらいのペースで、腹8分目でいくのが2022年のうまくいく秘訣だと思いますよ。そして、2023年の大吉運の年に飛躍できるよう準備の時間としましょう。」

いちこ「わかりました。ありがとうございます!」

鑑定後、5分程度色々と雑談させていただいたわ。少し時間が押しちゃったにも関わらず、早く切り上げるようなそぶりも無く、楽しくお話に付き合っていただけてすっごく好感度上がったわ!

ミカタ先生、普段は「新宿、渋谷、吉祥寺」のカフェで対面鑑定を行なっているとのことで、コロナが落ち着いたら、リアル鑑定もお願いしたいって本当に思うくらい素敵な占い師だったわ。

もちろん、下心なしによ!

フォーチュン男子の鑑定を受けてみて

このイケメン占い師サービス。最初は私も「イケメン!」に食い付いた事は間違いないわ。

認めるわよ。

それしか見えてなかったと言っても過言じゃないわよ。

でも、実際に鑑定を受けてみて思った事。

もちろん、占いだからね。鑑定の実力が確か、親身に聞いてもらえる、気持ちに寄り添ってもらえる、具体的なアドバイスがもらえる。

大切な事はたっっくさんあるわ。

だけどね、どうせ鑑定してもらうなら、眉間にしわ寄せて、難しい顔した占い師よりも、イケメンで爽やかで優しそうな占い師の方が相談する側のハードル低いに決まってるわ。

そこで、占い、、、だけじゃなくて、「フォーチュン男子」にもハマる女性、絶対増えると思うわ。

今後この「フォーチュン男子」がどうなるか??

私が個人的に思う未来予想図は、フォーチュン男子に登録している占い師を「推し」として応援する女子が支えるサイトになるんじゃないかと予想よ。

結果、イケメン占い師も、占い業界も両方盛り上がって、良いんじゃない?

【特集】 ホンモノの占い師は、生き方を変える…人生を変えたいと思ったときに行く、本格派占い師3名

この記事をシェアして占いやりつく師を増やす

体験コンテンツ
       

pagetop