東京の当たる占い師研究家【いちこの部屋】

35年占いをやりつくした私 いちこが、徹底的に比較して分かった本当に当たる占いを教えます

東京当たる占い師研究家いちこが教える

当たる占い 当たる占い師
研究レポート

東京の当たる占い師研究家【いちこの部屋】 » いちこの占い体験談 » 新宿の千里眼でルノルマンカード占い

新宿の千里眼でルノルマンカード占い

いちこ イメージ

2021年もついに12月。コロナ、オリンピック、大谷翔平、BIGBOSS。

暗い話題も明るい話題も様々な1年だったわね。

占い界も、だいぶ落ち着きを取り戻し、リアルな鑑定はもちろん、オンライン鑑定は今や当然の占いツールとしてなくてはならない存在ね。

だけども...

やっぱり、私はリアルが好きよ。

笑って頂戴。

私、結構古い人間なのよ。

ということで、2021年最後の占いを体験すべく、新宿の千里眼へ行ってきたわ。

タロットより当たるルノルマンカード??

今年最後の占いは「ルノルマンカード」で占うことに決めたわ。

なぜって??

それはね...

なんとなくよ。

な~んとなく。

最近カード占いに行ってなかったし、その中でルノルマンカードはめっきり体験してないから、久しぶりにそんな気分になったのよ。

それにね、おしゃれ雑誌なんかではルノルマンカードが今ちょっとした話題になってるの。

コロナで不安定な世の中になって、占いを求めるBoys& Girlsが増えたことはご存じだと思うけど、「自分で占う人」が実はとっても増えているの。

「カード占いをやってみよう」と思い立ったら、まずは「タロット占い」が思いつくけれども、一部の占いフリークの間では「ルノルマンカードの方が当たる」なんて言われているほどよ。

ルノルマンカードとは?

そんな気になる「ルノルマンカード」。あまりわからないBoys & Girlsのために簡単に説明するわね。

ルノルマンカードは、フランス革命時代に活躍した天才占い師「マドモアゼル ルノルマン」が得意としていた占い方法で、彼女の名前をとってつけられたカードのことよ。

ルノルマンカードは全部で36枚。タロットカード78枚に比べると随分と少ないわよ。

ルノルマンカードの一番の特徴は絵柄。

タロットカードは抽象的な絵柄が多いから、読み取る人によって解釈が異なったり、「これはどういう意味かしら?」なんて読み解き方がわからない場合があったりするに対し、ルノルマンカードの絵柄はいたってシンプルで具体的だから読み解きやすいわ。ルノルマンカードには「逆位置」もないから、カードの絵柄が示す事を素直に受け取れば良いだけ。

だから「タロットに挑戦したけど、解釈が難しくて挫折した」って人も、「ルノルマンカードだと簡単にできた」って声もよく聞くわ。

また、ルノルマンカードの絵柄は可愛かったり、おしゃれなものが多いのも特徴。タロットなんかは、ちょっと怖い感じのデザインもあるけれど、ルノルマンカードは見るだけで女子のワクワクをあげてくれるような絵柄が多いわ。

ルノルマンカードの特徴

基本的には他のカード占いと同じで、様々な悩みに対して占うことができるわ。

ルノルマンカードにおいては相談者の思いを反映しやすい特徴があり、過去、現在、未来を読み解いていくことが得意と言われているの。

つまり、時間が関係している事柄「仕事」「恋愛」「結婚」はもちろん、「自分の本心」とか「変わるきっかけ」「これからどうすれば良いのか」なんかも占えるわ。

ルノルマンカードではストレートに「吉」「凶」が出るから、具体的に「どうしていけば良いか」「これからどう進めば良いか」というように、自分の悩みに対して具体的に答えがもらえるわ。

またルノルマンカードは、1つのカードだけでも意味があるけれど、他のカードとの組み合わせで意味を解釈するという特徴もあるの。

例えばこの2つ

狐のカード(詐欺、陰謀)

熊のカード(保護、独占、圧迫)

を組み合わせて読み解くと、「騙されて嫌な思いをする」とか「詐欺に備えよ」

なーんて感じにね。

あとは、タロットなんかで出た結果を、より具体的に読み解くときにルノルマンカードを利用する場合もあるわ。それくらいルノルマンカードのアドバイスは具体的でわかりやすいって特徴があるわ。

千里眼でルノルマンカード占いができる占い師を予約

今回は、せっかく占いに行くなら、久しぶりに新宿に立ち寄りたい気分だったから、「場所」「予約の取りやすさ」「占い手法」で選んだわ。

私、普段は口コミとかがっつり調べて行くんだけど、時には風に身を任せてもいいんじゃない?

千里眼のHPで簡単に条件を検索し予約ができるわ。

1.今回は「ルノルマンカード」での鑑定希望だったから、キーワード検索を利用。

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

2.「ルノルマンカード」が利用できる占い師の一覧から、「新宿」に在籍している占い師を探す。

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

この作業が実は結構面倒で。「ルノルマン 新宿」で検索するとヒットしないのよ。「ルノルマン」だけで検索して、ヒットした占い師の中から「新宿」の占い師を探さなきゃいけないの。

もっと効率的に探せる方法があるのかしら??

3.七星織子先生発見。希望する日時を選択し、都合があう日があるかを確認し、申し込み。

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

4.予約日時を入力

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

5.完了

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

支払いは当日に現金らしいから、しっかり現金握りしめて行くことね。

いざ新宿、千里眼へ!

宣言開けて、久々の新宿へ到着!

以前久々に渋谷に行ったら、渋谷の街が激変してて、時代に取り残された感満載だったけど、新宿は変わってなくて安心だわ~。

東口からものの3分程度で千里眼へ到着。

入り口の猫のコメントが可愛すぎるわ。「いま、目が合いましたね♪これも何かのご縁。3階へどうぞ」だって。

そして猫の上には「マツコデラックスさんの番組でも紹介されました」って。マツコ効果はすごいからね。アピールしなきゃだわよ。

エレベーターで3階へ。降りると目の前には「本日の占い師」がどどーん。

横には在籍している占い師がどどーん。かなりの人数の占い師が在籍しているわよ。

占いブースはこんな感じで、よくある占い館と同じ感じ。

千里眼の5つのルールなんてのもあって、いわゆる「詐欺的商法」は一切行ってませんということね。

コロナ対策もしっかり行っていて、かなり「健全店」をアピールしてるわ。

驚いたのは、並んでるタブレット。ここには今日占える占い師一人ひとりのタブレットがあって、そこで待ち時間やいつのタイミングで占えるかを見ることができて、さらに予約もそこで取れちゃうのよ。

私みたいに、すでに予約をしている人は、時間になったら表示されている番号の部屋に入室するだけ。

なんて効率的なの!!

こういう占い館では、通常受付があるんだけど、まさかタブレットとは...

いよいよ七星織子先生の鑑定

七星織子先生「初めまして、今日はご予約ありがとうございます」

口コミ通りの、おっとりとしたと~~~っても優しい口調の七星先生。

千里眼は料金は現金前払いとのことで、まずはお支払い。

七星先生の占術は

  • ヘリオセントリック星読み
  • タロットカード
  • ルノルマンカード
  • オラクスカード
  • オラクルカード
  • エネルギーワーク
  • チャクラ
  • チャネリング
  • ヒーリング

と、結構サイキックな事もできる占い師さん。

七星先生「ますは生年月日をお願いします。時間とかもわかればお願いします。」

いちこ「19××年...(まだまだ秘密よ)」

七星先生「今はお仕事されてますか?」

私「はい、してます。」

そんな会話をしながら、携帯に情報を入力する七星先生。

七星先生「お待たせしちゃってごめんなさいね~」

なんて、お気遣いの言葉をかけてくれたり、本当お優しい方なのね~。

七星先生「ではどんなことを聞きたいですか?」

いちこ「今日はルノルマンカードで占って欲しくて来たんですけど、占って欲しい内容は、今年は、状況が不安定な中でも結構仕事が忙しかった1年でした。が、来年から仕事が少し楽になりそうで、結構時間ができそうなんですよ。その分人と会う機会も減るだろうし、でも時間ができるので、何か新しい事を始めた方がいいのか?それとも一旦ゆっくりしたほうがいいのかなぁ?なんてどんな一年を送ろうかしら?と考えてるところです。」

七星先生「私はタロットでは6ヶ月先くらいまでを見るようにしてますので、見れるのはギリギリ1月から来年の6月くらいまでかなぁ。タロットと、せっかくなのでルノルマンカードで見て行きましょうか。」

とまずはカードで占うことに。

1月から6月まで、タロットとルノルマンカードを6枚づつ引き、結果を読み解いて行く七星先生。

七星先生「こちらから1月2、3、4...見る限り、5月になんかあるかな???急激に勢いがあるカードで変化があるって感じです。」

いちこ「ほうほう。」

七星先生のルノルマンカードの使い方は、タロットで出たカードをより深く読み解く為に使ったりするらしく、二つの解釈を合わせて1つに捉えるというものよ。

■1月

タロットー流れに乗って気楽に考え、楽しい方へ進めばいい。

ルノルマンー鍵のカード。インスピレーション。秘密とか、何かが解放される。

合わせると

これまでやってきた事の経験とか、自信みたいな事とかを持って、乗りこなして行くっていう感じ。なんかあれかな?となればそれかな?と直感にしたがっていけばいい。

■2月

タロット―特に説明はないが問題のないカード。

ルノルマン―木のカード。成長、回復。

合わせると

回復に時間がかかるかもしれないけど、心配しなくても大丈夫。

■3月

タロット―受取拒否、気力がない感じ。あまり動きたくない、のんびり。せっかくいいものが来てるのにもっとちゃんと見たほうがいい。警告という感じがする。

ルノルマン―雲のカードで「もやっとしたことが起きそう」

合わせると

雲行きがあやしいから、心つもりが必要。

■4月

タロット―大きなメッセージですね。些細なことでも出てきた事をしっかり見定めて。

ルノルマン―手紙のカード「良い知らせが届く」「友達からきた昔のメールから今何か得ることがある」など、インスピレーションを受け取る。

合わせると

何かを見て、ピンと来たらそれを受け取るべきだと繋がって行くのでは?

■5月

タロット―動き出すって感じ。悪いカードではない。勢いに乗っちゃえ。

ルノルマン―クローバーは「平和」や「幸せ」を意味する。

合わせると

急激のある勢いだけど、良い方向へ行くと信じていい。

■6月

タロット―詳しい説明はないが問題ない。

ルノルマン―犬のカード。パートナーシップとか尊敬。

合わせると

対人関係でいい相棒、いい相手、友達など、そういうところの力が重要となりそう。

こんな感じに組み合わせて読み解くと、より具体的にイメージがしやすいとのこと。

なるほどねぇ。

続いては星読み(ホロスコープ)

七星先生は「ヘリオセントリック星読み」といって、太陽を真ん中と下ホロスコープで、私たちが普段よく目にする「ジオセントリック」は地球が中心として読み解くので、解釈なども結構違ってくるわ。

詳しくはいつか機会があればお話しさせていただくけど、

地球中心―私が中心として宇宙を見る

太陽中心―宇宙の一部として自分を見る

という違いがあるわ。

七星先生「これは(ホロスコープを見ながら)、いちこさんが生まれてきた時の宇宙全体の位置で、これはいちこさんが宇宙と約束してきたことが全て表されています。星と星が何度で繋がっているかで読み解いて行くのですが、この通りに生きて行くことがお約束です。」

なんだかすごく壮大な話だわ。宇宙とのお・や・く・そ・く

バカにしてるわけじゃないわよ。

七星先生「割と思い立ったらすぐ行動みたいなのもあるかな。あとは、自分が素敵と思う物とか好きなものをよく味わうみたいな。例えば、それを文章にしたり表現したりすることってありますか?自分のいいなとか素敵を表現すると、それを見た人がいいなと思って広がって行くというようなイメージです。」

まさに、ここに書く占いの体験談とかそれに当たるのかしら?私の好きな占いを発信して、読んだ誰かが「占いっていいな」ってなってくれてると嬉しいわ。

七星先生「あとは、スピリチュアルな事とか好きですか?」

いちこ「自分にはない感覚なので、ちょっとよくわからないですが、知り合いでそういう人はいるので、ある人にはあるんだろうなと。実は、よくスピリチュアルですよと言われるんですけど、全然わかんないんですよね。」

七星先生「海王星ってスピリチュアルな星なんです。地球って星はみんなで天国作ろうとか癒しとかそういうのを地球で体現しようってのが地球と0度で繋がっている人ってのは、一番強い繋がりなんです。きっとご自身で当たり前に持っているんだと思います。何かみんなで楽しい事やろうか?って時に自然にリーダーになれちゃうとか、そういうところに出たりね。」

いちこ「流石にみんなで天国作ろうぜはちょっと怪しさ満載ですけどね。遠からず近からす、カモですwww。」

七星先生「いちこさんは人とのつながりも大事だし、スピリチュアル的なものも持ってるはずなのでそこをつなげてやって見る、お友達と一緒にやってみると楽しいことができるんじゃないかと思います。みんなと一緒にがっつりもできますが、客観的に見ることもできる方で、そういう人も大事なのでね。抽象的になっちゃうんですが、まぁ「そんな感じ、という風に受け取っていただければ。」

そのほかにも、様々な私の「宇宙での使命」を教えていただいたわ。

いちこ「わかりました。とりあえず、来年はみんなで楽しいことできるような一年にします。今日はありがとうございました。」

鑑定を終えて

今回は「ルノルマンカード」で占ってもらう事を目的として来てみて、単体で使うというよりも、タロットとの組み合わせで、さらに深く読み解くというのはなかなか面白かったわ。

七星先生がかなりサイキックな方かとお見受け、説明が結構壮大な部分もあり、私みたいな凡人にはちょっと理解できない表現なんかもあったりしたけど、そこは察知して、噛み砕いせ説明してくださったりして、とっても丁寧にアドバイスくださったわ。

実に面白かったのは「 ヘリオセントリック星読み」自分が中心なのか、自分が宇宙の一部なのかで、スケール感が違うというか、魂の目的や天命を読み解くと言われて納得だわ。

これはいつかまた詳しく掘り下げたいテーマね。実際に、どちらのホロスコープにしても、読み解くのには大変な時間と労力が必要なのよ。

さて、次回はどんな占いに行こうかしら~。

■今回体験した占い館

引用元:占いの館「千里眼」 公式HP(https://senrigan.info/)

千里眼:新宿東口店

営業時間:10:00~22:00

電話:050-2018-3433

住所:東京都新宿区新宿3-28-2-3F

HP:https://senrigan.info/stores/28

【特集】 ホンモノの占い師は、生き方を変える…人生を変えたいと思ったときに行く、本格派占い師3名

この記事をシェアして占いやりつく師を増やす

体験コンテンツ
       

pagetop